ココマイスターは、厳選された希少な革を使い、財布を製造、販売しているので、取り扱いの際には慎重さが求められます。
素材を大切にしたり、長く愛用し続けたいのであれば、素材の特徴や扱い方を知ることが大切です。

 

希少性の高い革素材なので、初めて使用する場合はお手入れに悩むものですが、基本的な扱い方を覚え、定期的にケアを行えば大丈夫です。

 

革財布のお手入れ方法

革は基本的に、水気を嫌う物ですから、濡れたら直ぐにハンカチで拭き取り、風通しの良い環境で乾かすことがポイントです。

 

水分を拭き取るハンカチは、清潔な状態を必要とするので、何時でも洗い立ての物と一緒に持ち歩くと良いでしょう。

 

また、風通しの良い場所といっても、決して直射日光があたる環境ではなく、日陰で空気が乾燥している条件が理想的です。
その条件を満たしていても、極端に乾燥した空気より、適度に乾いている程度が肝心といえます。

 

水濡れを放置すると、革には時間と共に染みが生じてしまい、乾かしたり拭いても取れない状態になってしまいます。

 

被害を抑え、拡大を防ぐことが何よりも重要なので、水濡れに気が付いたら直ぐに拭き取り、風通しを良くして乾かすことがおすすめです。

 

基本的には、汚れや水分の付着を事前に防いで、回避することが最重要課題となります。

 

しかし、財布は日常的に使う物ですから、特にココマイスターのように希少な革を使っている製品は、お手入れ方法を学んでおくと、急な汚れの付着にも冷静に対応出来ます。

 

手で触れたり、ポケットに出し入れを繰り返せば、表面に汚れや埃が付着するのは避けられません。

 

目立つ汚れがなくても、定期的に丁寧なケアを行うことで、素材を良好な状態で長持ちさせることが可能です。

 

基本は乾拭きから始め、必要に応じてブラッシングをしたり、専用の洗剤で汚れを浮かび上がらせ、最後にケア用品で保護を行います。

 

乾拭きに使うアイテムは、清潔なハンカチやメガネ拭き等の手触りが良く、拭き取る対象を傷める心配がないことが条件です。

 

埃は水分を吸収したり、空気中の塵やガスも吸着する性質があるので、なるべく小まめに取り除き、付着を避けると良いでしょう。

 

各種のポケットや縫い目の間は、乾拭きだけで綺麗にするのは困難ですから、革用のブラシを使いブラッシングすることも必要です。

 

ブラシは、革専用を使うことが理想ですが、なければ使い古しで柔らかく、清潔な歯ブラシでも代用出来ます。

 

ブラッシングは力を入れず、毛先で汚れと埃を掻き出すように、優しくお手入れをすることがコツです。

 

 

複数を交互ではなく、一つの財布を使い続けている場合は、表面に汚れが付着するペースが速まり、隙間に入り込む埃も、案外簡単に溜まります。

 

表面の汚れは、軽く拭き取る方法だけでも、汚れの積み重なりを防いだり、汚染の進行を避ける切っ掛けになります。

 

ただ、これは習慣的に乾拭きを行ったり、2週間に1回程度、ブラッシングでケアを行ってこそ得られる結果です。

 

長期的にケアを怠っていれば、革製品全般の状態は悪化しますし、ココマイスターの希少な革素材も、傷みが生じ始める結果に繋がります。

 

汚れが取れにくく感じられたり、革本来の質感が低下している、と感じ始めた時は、1段階ケアのレベルを高める必要があります。

 

クリーナーを使ったお手入れ方法

乾拭きで取れないのであれば、水を使った洗浄が不可欠になりますが、台所や洗濯用の洗剤ではなく、革に合ったクリーナーを使うことが無難です。

 

市販の汎用洗剤は、中性であれば素材を傷める心配は少ないものの、泡が消えるまで拭き取ることが難しく、細部に洗浄成分が残ってしまうのが難点です。

 

一方の革専用クリーナーは、過剰に泡立つことがなく、効率良く拭き取りが出来たり、残った成分が悪さをしませんから、革にとって理想的と考えられます。

 

勿論、使用する前には使用上の注意を良く読み、使える素材であるかを確認してから、必要量だけを取り出すことが基本となります。

 

出来れば、洗浄用と仕上げ用のブラシは用途別に分け、2つ以上用意しておいた方が、革に対し余計なストレスを与える、その懸念の回避に結び付きます。

 

クリーナーを使う場合は、保護クリーム等で仕上げることが前提なので、洗浄後はポケットの内側まで良く乾かし、それから最終仕上げに入ることが、上手なケア方法の流れになります。

 

保護に使用する製品は、安価な汎用オイルであったり、身近なハンドクリームといった物ではなく、必ず革の保護用に作られている、専用品を選ぶことが原則です。

 

安易に用途と合わない製品を選べば、逆効果が生じてしまい、望まない革の状態を発生させ兼ねません。

 

間違いのないケアを行うには、歴史と信用のあるブランドを選び、多くの革製品愛好者が愛用している、信頼性の高い製品を選択すると安全です。

 

この時も、最初から大量に使用するのではなく、目立たない部分に少量を用いたり、染みや変色が起こらないか、慎重に確認することで後悔が避けられます。

 

革素材の種類によって、最適な保護製品は違いますから、愛用品の革素材を詳しく理解したり、ケアをしながら取り扱い方を学ぶことで、数十年単位の長期的な愛用が実現します。

 

関連ページ

人気のメンズ財布、ココマイスターとは
本物の欧州最高級革製品と日本の伝統職人が作り出す財布には、どのような魅力があるのでしょうか、ここでは、そんなココマイスターの魅力についてお伝えをしていきます。
ココマイスターの人気の財布を総まとめ
メンズの革製品の中でもより成熟した大人の男性に選ばれているのがココマイスターという革製品のブランドです。ひとつひとつ職人による手仕事で生まれた革製品はどれも上質で魅力的な逸品です。
ココマイスターの二つ折り財布の魅力とは
ココマイスターは欧州でも最高級の皮革を使用して、日本の熟練した職人が作り上げる高品質の革製品が人気のブランドですが、中でも二つ折りの財布は長年使い続けることで、美しくなり光沢を増すことから、世界中の人々から愛されているアイテムとなっています。
人気急上昇ココマイスターの財布は色も豊富
色はオールドブラック・ブランデー・ビターチョコ・オリーブ・ブルーハワイの5色展開です。 特にブランデーは、経年変化が大変美しいと評判のため、選ぶ方も多く見受けられます。
通販でも人気のココマイスターの財布とは
インターネット通販で財布を購入される方は多いと思われますが、沢山の商品が売られていますからランキングなんかを参考にされる方も多いことでしょう。そしてその際にココマイスターというブランドを目にされたことがある人もいるはず。
ココマイスターの財布のシリーズごとの値段について解説
素材にこだわり、日本の熟練の職人が仕立てた革製品が人気のココマイスター。ココマイスターの財布の値段について、それぞれのシリーズごとに解説します。
ココマイスターってどんな会社?品質は?
インターネットサイトで財布などの革製品を検索すると必ず上位にヒットする「ココマイスター」。2011年に立ち上げられた新しいブランドにも関わらずあまりの人気の高さに品薄状態が続く驚異的な成長を遂げた国内ブランドです。