日常的に使う財布は、収納や大きさといった実用性だけではなく、質感と作りの良さや、好みに合うことも選択する際の要点となります。

 

例えば、職人が手作りで作る製品は、素材の選定から使い方、加工と仕上げに至るまで、技術が表面に現れるといえます。

 

勿論、使用する目的を重視するのであれば、大量生産品を選択しても、実用性が大きく損なわれることはないでしょう。

 

しかし、毎日ポケットに入れて持ち歩いたり、必要時に取り出して使用するからには、細部まで心遣いが行き届いている、そのような財布を選ぶことがポイントです。

 

革職人は、革の取り扱いに長けているだけではなく、選び方から仕上げの微妙な違いまで、繊細さを行き届かせることが出来ます。
拘りの商品は、機械で加工する比率が下がり、人の手で作業を行う割り合いが増加します。

 

 

大量生産品では見落とされがちな、微妙な傷も分かりますから、拘り商品を手に入れたいのであれば、手作りをキーワードに選択することがおすすめです。

 

手作り財布の選び方のポイント

入手性や価格の点においては、大量生産品の方が少し有利ですが、検品が行き届いているか否かや、加工精度に関しては一歩譲ります。

 

安さを重視するニーズには応えてくれるものの、購入してから不満を感じない、使う程好きになる、という希望に応えられる可能性は低いと考えられます。

 

商品を選ぶ際、前者ではなく後者に対する希望を重視する場合は、まさに人の手で作られている、そういった製品を絞り込むと良いでしょう。

 

品質の善し悪しの違いは、細かい部分に至るまでの配慮であったり、加工精度の高さが異なります。
細かい部分の配慮とは、実際に手に取り使用する時、不満を感じずに使えるかどうか、良く考えて設計されていることを指します。

 

サイズが微妙に大き過ぎると、ポケットに入れにくかったり、取り出しにくい、といった実用上の不便が生じます。

 

一方、収納に余裕がなければ、紙幣やカードを少し収めただけで、膨らみが発生して扱いにくくなる状態が避けられません。

 

拘りが活かされる以上、配慮が行き届いている必要がありますから、製品を絞り込み選択する場合は、使い勝手が考えられているか、念入りに判断することがコツです。

 

ただ、設計の質が優れているとしても、肝心の加工精度が低ければ、縫い合わせがズレたり、縫い目がガタガタになる、等の不具合が発生します。

 

何処まで許容するかは、製造者と購入者によりますが、一般的には購入者の方が厳しいので、製造側はそれを上回る精度で製作する必要があるでしょう。

 

幾ら手作りといっても、職人の腕が発揮されなければ、大量生産品にも劣る製品が出来上がってしまいます。

 

つまり、財布を選ぶのに重要なのは、デザインや収納の配置が良好で、技術を最大限に活かし作られている、そういう製品を見極めることが出来る審美眼です。

 

材質選びのポイント

材質は、布よりも革の方が耐久性は高く、使い込む程に味が出る素材的な良さがあります。

 

また、手間を掛けてお手入れをすると、小さな傷にも負けにくくなりますから、大切に長く使いたい人にとって最適です。

 

お手入れをしたくなかったり、傷んでも構わず使い続けたいのであれば、大量に生産される、安価な商品の方がニーズに合うでしょう。

 

大量生産品でも、価格や品質のバランスが取れた商品はあるので、このような品を選び抜くことが出来れば、優れた費用対効果が得られる可能性が高まります。

 

ところが、機械任せで作られる生産品の中から、理想的な商品を見付け出すのは困難なものです。

 

多くは、細部に対する配慮が欠けているので、審美眼を持つ人が見ると、簡単に質の低さに気が付いてしまいます。

 

完成度が低い場合は、あまりの出来に我慢して使うのも苦痛、そう感じてしまう恐れがないとはいえません。
より確実に、コストに見合う品を手にしたい、何処を見ても美しく、見ていて飽きず手に馴染む製品が欲しい時は、人の手で作られている物を選ぶと失敗が避けられます。

 

海外ブランド?国内ブランド?

購入を選定する相手は、海外なら質の高さで有名なブランドを選び、国内であれば、実物に触れて絞り込むと効果的です。

 

世界的に有名で、愛用者が多いブランド物は、国内外に口コミが溢れていることが特徴です。

 

厳しい目を持った人達が、実際に使って感想を寄せていますから、参考になる意見を参照することが出来ます。

 

逆に、国内は新興ブランドが多いので、口コミが限られていたり、良い製品でも幅広く知られていない可能性があります。

 

革製品を販売するお店は、国内品の取り扱いを強化している場合がありますから、そのようなお店に足を運び、手に取って完成度に目を向けることが大切です。

 

実物を見る機会がなく、評判や写真だけで品物の購入を決める時は、技術に定評があり、自信を持って商品を送り出す相手を絞り込むと、想像に限りなく近い品が手に入りやすくなります。

 

実物は、質感や手触り、光沢の微妙な違い等、作り手の繊細さが反映されているので、なるべく実物を間近で見たり、手で触れ五感で選ぶことが理想的です。

 

関連ページ

上質な国産の財布選び
昔からの手作業で、実績のある職人によって作られた国産のものは、素材はもちろん縫製にまでしっかり気を配られているため、長きにわたって使用が可能です。
メンズ財布は高級感がポイント
選ぶときには高級感のあるものかどうかをポイントとして選んでみましょう。それほど頻繁に買い替えるものではないですから、ある程度高価なものでも使う年数で割るとそれほど高いものではありません。
財布に使われる貴重な希少革
一般的な革を使用している有名ブランドの製品よりもそのステータスシンボルとしての価値は高いと言えるでしょう。ここではだれもが憧れる代表的な希少革を紹介していきます。
財布のプレゼントはよく考えてしましょう。
親しい間柄の贈り物の代表としてプレゼントしたりされたりすることがありますが、贈る際には次の点を心掛けると喜ばれるますのでぜひとも実践しましょう。