財布に使われる革には一般には手に入れることができない希少革があります。
素材そのものの価値が高いため、その値段も当然高価。

 

革に詳しい方が見ればその価値は一目瞭然で、一般的な革を使用している有名ブランドの製品よりもそのステータスシンボルとしての価値は高いと言えるでしょう。

 

 

ここではだれもが憧れる代表的な希少革を紹介していきます。

 

1 象革

1989年にワシントン条約よって一部の例外を除いて象の捕獲が禁止されて以来、象革の流通量は世界規模で激減し、その希少価値はあらゆる革の中で最も高いと言っても過言ではありません。

 

現在市場に流通している象革はアフリカの国の一つであるジンバブエの自然公園で個体数が増えすぎないように限定的に捕獲されたものだけであり、その中でも質の良い限られた象革を世界中のバイヤーが競り落としている状態です。

 

そんな象革の魅力は、独特の風合いと優れた耐久性。
表面にある不規則なしわと溝は他の革にはない風合いを醸し出します。

 

また、厚みがありつつ柔らかな感触でありながら耐摩耗性が高いので、数十年間使い続けることができる優れた耐久性を備えています。

 

象革の財布を選ぶ際に気を付けたいのが、模造品。
4,5万円程度の製品の中には他の動物の皮に象革に似せる加工をして売り出している粗悪品もあるので、信頼の置ける国内ブランドか、海外のトップブランドの製品を購入するのがおすすめです。

 

2 ダチョウ革

鳥類では唯一、養殖によって生産されているダチョウ革ですが、希少だとされているのには理由があります。

 

ダチョウ革の特徴はクイールマークと呼ばれるダチョウの毛穴がつくりだす突起状の模様ですが、この模様がついているのは一匹のダチョウからとれる革全体のうちわずか40%に過ぎません。

 

さらに、美しい模様があり、耐久性にも優れた部分となると40%よりもずっと少なくなります。

 

ダチョウ革の生産は主にオーストラリアで行われており、オーストラリアでの生産状況や為替相場によってその価格は大きく変わってくるため、年によって製品の値段も大きく変わってくるのも特徴です。

 

最高級のダチョウ革を使った財布を選ぶなら、一枚のダチョウ革から仕立てたフルポイントのものがおすすめです。
表と裏で模様のばらつきがなく、複数の革をつなぎ合わせた製品よりもより高級感のある仕上がりとなります。

 

3 蛇(パイソン)革

地球上に2400種近く存在する蛇の仲間のうち、最も美しい模様を持つ蛇のひとつがパイソンです。

 

主に東南アジアのインドネシアで生産されるパイソンは、現在では養殖もされていますが流通量は決して多いとはいえず、また出荷できるまでに長い年月を必要とするため希少価値が高い存在です。

 

主に流通しているのはダイヤモンドパイソンとモラレスパイソンの2種で、一般的なのはダイヤモンドの形をした美しい模様が人気のダイヤモンドパイソンです。

 

一方のモラレスパイソンは石垣模様が特徴で、シックな雰囲気を持つことから男性に特に人気があります。

 

生の素材のままでは繊細な蛇の皮ですが、加工を経た革は牛革と比べても遜色のない耐久性を備えます。
パイソン革には背中の模様を生かしたベリーカットタイプとおなかの模様を生かしたバックカットがあり、前者はいかにもパイソンといった輪郭のはっきりとした模様に、後者は比較的落ち着いた模様になります。

 

4 クロコダイル革

希少価値の高い皮の中で最も認知度が高いのがクロコダイル革でしょう。
ワシントン条約により野生のクロコダイルは保護されているため、現在市場に流通しているのは養殖された個体のものであることが一般的です。

 

養殖された個体といっても、クロコダイルは革として使用できる大きさになるまで最短でも3年以上かかり、さらに卵を産み繁殖できるようになるまで10年以上かかるため生産量は限られています。

 

例えば上質なクロコダイルの革で幅30cm程度の標準的なトートバッグを作成するためには4年程度かけて養殖する必要があると言われています。

 

加えてクロコダイルの人気は日本に限らず全世界共通であり、近年のクロコダイルの人気の高まりも受けて需要に対して供給が間に合わない状況が続いており、非常に高い価格で取引されています。

 

クロコダイルの特徴はワニ革の中でも大きい鱗の模様です。

 

革として利用されるワニのうち、クロコダイルほど大きな鱗をもつ種類は他にいないため、一目見ただけでそれがクロコダイル革で仕立てられているとわかります。

 

また、一匹の個体から様々な鱗の大きさの革をつくることができるため、クロコダイル革という同じ素材で様々なデザインを表現することができ、各ブランドのデザイナーのセンスが前面に出る素材です。

 

加えて牛革や馬革などに比べて軽く、それでいて強度と耐久性に優れているため実用性に優れています。

 

このデザイン性の高さと実用性の高さこそが世界中の富裕層からクロコダイル革が愛される理由です。

 

関連ページ

上質な国産の財布選び
昔からの手作業で、実績のある職人によって作られた国産のものは、素材はもちろん縫製にまでしっかり気を配られているため、長きにわたって使用が可能です。
メンズ財布は高級感がポイント
選ぶときには高級感のあるものかどうかをポイントとして選んでみましょう。それほど頻繁に買い替えるものではないですから、ある程度高価なものでも使う年数で割るとそれほど高いものではありません。
財布を検討するなら職人の手作り
職人が手作りで作る製品は、素材の選定から使い方、加工と仕上げに至るまで、技術が表面に現れるといえます。
財布のプレゼントはよく考えてしましょう。
親しい間柄の贈り物の代表としてプレゼントしたりされたりすることがありますが、贈る際には次の点を心掛けると喜ばれるますのでぜひとも実践しましょう。